サンフランシスコ近郊・ Burlingameでの生活日記です。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
秋のシュークリーム♪
2008-10-30 Thu 09:16
明日はハロウィン ハロウィンかぼちゃ アップロードファイル

先週末は、近くの小学校でパーティーをやってました。
夜、おいしいコーヒーが飲みたくなり、散歩がてらスタバに行くついでに
音につられてちょっと寄ってみたら校庭には子供たちがいっぱい。 

  DSCF4436.jpg   DSCF4435.jpg
   ◆あひるの首に輪を投げ入れるんだ、かわい~

  DSCF4440.jpg   DSCF4439.jpg
   ◆校舎はホーンテッドマンションに・・・Jack-O’-Lantern††RectFace-ur(白-薄い背景用)

  
仮装した子もちらほらいて、みんなゲームとかしてる。
こんなに遅く(終わったのが22時すぎ)まで外で遊べる日って
あまりないだろうから楽しいんだろうな~



 
今年はジャク彫ってないけど、パンプキンを使って秋のおやつ。

前に一度作って失敗したシュークリームだけど・・・。

先月やる気を起こして作ってみたら美味しくできたから ↓P


       DSCF4423.jpg
  

こんどはクリームにかぼちゃペーストを混ぜたバージョンです ↓LG
             (形も カボチャ

       DSCF4454.jpg


今回もキレイに膨らんでくれて成功 ハート

  
水曜日に友達の家に遊びに行くとき持っていこうと思い
作ったのだけど、友達が風邪をひいてしまったためキャンセル。
でも一度にたくさん出来るうえ、日持ちしないのでウチでは消費しきれない~
なので、近所のお友達に(ムリやり)おすそわけです プレゼント


あ。 
    「 真ん中の飾りのかぼちゃは生です。食べれません。 」 

・・って言ったっけ???


スポンサーサイト
別窓 | おうちごはん・おやつ | コメント:9 | トラックバック:0 | top↑
グランドティトン国立公園/Grand Teton National Park&イエローストーン国立公園/YellowStone National Park ②
2008-10-12 Sun 22:53
グランドティトンの北に隣接するイエローストーン。

1872年、世界で初めて国立公園として登録された
アメリカ最大の公園です。

ワイオミング・モンタナ・アイダホの3つの州にまたがり、入り口は5箇所。
私たちは南のゲートから 青色の車

      DSCF4111.jpg


東京都の約4倍、四国の半分もあるという広い公園内には、
森林・草原・温泉・間欠泉・渓谷・湖・滝・川、たくさんの野生動物 jumee☆paw7

国立公園の色んな要素すべてが凝縮されたような。

 P8130136_convert_20081005112121.jpg  P8130137_convert_20081014091209.jpg
  ◆ミュール鹿 ( 左:オス  右:メス )
 P8130133_convert_20081005112018.jpg  DSCF4166_convert_20081014092601.jpg
  ◆野ウサギ             ◆エルク(メス)


 すこし車を走らせるだけで、景色が がらっと変わる。
いろんな顔をもった公園。
今まで訪れたナショナルパークとは、全く違う印象でした。

DSCF4113_convert_20081005113534.jpg DSCF4111_convert_20081014141003.jpg DSCF4150_convert_20081005114032.jpg 

    DSCF4172_convert_20081005114158.jpg DSCF4081_convert_20081012132037.jpg
 

 DSCF4110_convert_20081005143739.jpg   P8140149_convert_20081014004957.jpg
  ◆道路を横断したシカ(たぶんオジロ鹿)の親子鹿01 《親:2 子:2》
     (こどもは出遅れ、車が来たりでなかなか渡れず、、、


写真は撮り損ねたけど、キツネくらいの大きさで
白っぽい毛をしたコヨーテにも2回遭遇しました。
どちらも、道路と道路脇の林の中を歩いていてビックリ。
ちょっとこわいイメージがあったけれど、普通にかわいかったハート

 
アップロードファイル 正直、エルク・ミュール鹿・オジロ鹿の区別が正しいかどうか・・・?
 * エルク → 体が大きい・毛は濃いブラウンで多め
 * ミュール鹿 → 耳が大きい・尻尾は長く、先が黒い・毛は優しい薄ブラウン
 * オジロ鹿 → 尻尾は先まで真っ白(でも上面が暗い色)
   これらから判断しました☆




北アメリカ最大の火山地帯であるこの地域には
ほぼイエローストーン全体ほどの超巨大マグマだまりがあり、
今も活発に動いていて、近い将来また大きな噴火も予想されています 炎

地下の浅いところに熱源があるため見られる、
公園内に1万箇所以上もある温泉や間欠泉、熱水プール。
世界の2/3の間欠泉がここに集中しているのだとか。スゴイ・・・。


  温泉 Old Faithful Country 温泉

ここには特にたくさんの間欠泉が集中しています。
大きなログハウス風のホテルやカフェなどもあり観光客がいっぱい。

最初に寄ったビジターセンターでは、入り口付近で
走り去るマーモット(らしき)うしろ姿を発見 じー

ビジターセンターを出発点に、トレイルをゆっくり歩いて見て周ります。


     DSCF4087.jpg
    ◆あちこちで湯気があがっているの、見えますか?
      大きな池のようなものや手のひらサイズのものも。
      大きさも色も様々な間欠泉・温泉・プールが トレイルから間近に見れます。
 
   DSCF4071_convert_20081005120246.jpg    DSCF4067_convert_20081005134809.jpg
   ◆ひとつひとつ、ちゃんと色彩や形にちなんだ名前がついてる 紫ハート

   DSCF4085_convert_20081005120529.jpg     
 ◆温度や酸度によって住むバクテリアも異なり、こうした色彩が生まれるらしい・・・
   高温の水中に住む特殊なバクテリア・・・。なんか不思議~。。。
   バクテリアの生態系にも関係してくるので、触ったり物を投げ入れたりは絶対ダメ。 
   トレイルには柵がないから ↓落ちないように気をつけないと!

          P8130104_convert_20081009150833.jpg
この周りのドロドロしたものは鉱物が沈殿したもの。硫黄のような香りもする。。
   
    DSCF4066_convert_20081005142323.jpg   P8130109_convert_20081009152051.jpg  

 DSCF4098_convert_20081008122541.jpg   DSCF4101_convert_20081005120625.jpg
 
P8130102_convert_20081009150921.jpg DSCF4104_convert_20081005121542.jpg DSCF4105_convert_20081005121355.jpg
     

最も有名な間欠泉オールドフェイスフル・ガイザーの前には
見学用のイスまであって、次の噴出を間近で見るために人がどんどん集まってくる。

      P8130095_convert_20081009150002.jpg

Faithful(=忠実な)』という名前だけあって、発見されてから今まで
120年以上もの間、ほぼ一定の噴出時間・間隔・高さを保っているのだとか

      DSCF4075_convert_20081005131804.jpg

   ◆100度近い熱水・約4万L が40~60m噴き上がる 汗
     最初はゆっくり、最後はどばばばばーっと。

         豆電球噴出時間が2分30秒以内だと、次までの間隔は65分。
          それ以上続いたら、間隔は92分に。  (±10)
          ビジターセンターでおよその時間を教えてくれます。


こんなに近くで熱水が噴き上げているのに、近くの川ではグースたちがのんびり。
川の水は普通に冷たいんだろか・・・?

      DSCF4099_convert_20081005143621.jpg


  石ころ Mammoth Hot Springs Country 石ころ

北口のゲートからすぐのこの地区では、
テラスマウンテンと呼ばれる眩しいくらいの真っ白な階段が見られます。
これは地下から噴出した温泉水に含まれる石灰などの鉱物が
長い年月をかけて重なり結晶したもの。
毎日噴き出る石灰で形はどんどん変わっていくし、
新しく生まれるものも、また、涸れて無くなってしまうものも。

坂道の長いトレイルを歩いて階段を上りきったら
白の景色がばーんと広がっています。

  P8140178_convert_20081009165400.jpg   DSCF4125_convert_20081008164742.jpg

Upper Terraces/アッパーテラスと呼ばれるエリアでは、
平坦な短いトレイルを歩きながら、すぐ近くでいくつかのテラスが見れます。
 DSCF4120_convert_20081008164610.jpg  DSCF4118_convert_20081008164437.jpg
 ◆Angel Terrace/エンジェルテラス

    P8140166_convert_20081009165549.jpg
   ◆Orange Spring Mound/オレンジスプリングマウンド

     ―  もはやオレンジではないけれど・・・手書き風シリーズ汗2

  


グランドティトン国立公園/Grand Teton National Park&イエローストーン国立公園/YellowStone National Park ②…の続きを読む
別窓 | お出かけ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
グランドティトン国立公園/Grand Teton National Park&イエローストーン国立公園/YellowStone National Park
2008-10-11 Sat 21:39
あっという間にもう10月。。。

7月から8月にかけては、日本へ一時帰国したり
帰ってきてからは旅行に行ったり、学校が始まったり。
頭の中では日々更新を続けてたのですがニコあせ
ちゃんと文に残しての、久しぶりの更新です鉛筆



8月、私が日本から帰ってきてから1週間後に
お盆休みを利用して日本から私の父・母・伯母がやって来ました。
とはいっても、サンフランシスコ観光に♪ ではなく、、、、、
目的地はグランドティトン&イエローストーン 鹿

成田からソルトレイクシティまでの直行便はないので、
アメリカの西海岸での乗り換えになります。

私も前々から行きたいーーー!! と思っていたので
サンフラン経由に変更してもらって、旅に便乗させてもらうことに♪
(私だけSF→SLCのチケットを購入。)
日本に帰って2週間のお休みを取ったばかりの夫は残念ながら行けず。
「楽しんでおいで~」との優しい言葉に甘えさせていただきました。ありがとう素材屋405番地-heart1



思えば、おととしの サンフランシスコから  レンタカーで 青色の車・・・

ヨセミテ→グランドキャニオン→ブライスキャニオン→ザイオン→ラスベガス

飛行機でサンフランへ戻る

という、ナショナルパーク三昧ツアーから2年、今度はいよいよイエローストーン!
父の長年の夢だったそうです ・キラキラ


8/9(SAT) 10:30 SF空港で待ち合わせして、13:00すぎの便に乗り換え。
約2時間のフライト  ソルトレイクシティ着 15:50
(サンフランシスコとの時差*1時間)

  

ソルトレイクシティはモルモン教の聖地だけあって、
街のあちこちに多くの教会が建っています。

 DSCF3963_convert_20080911131304.jpg    DSCF3950_convert_20080911130904.jpg

ホテルにチェックインし、ダウンタウンに戻って夕ごはん。


車で走っていても人をあまり見かけなかったけど、ここは人がいっぱい~

      DSCF3966_convert_20080911135405.jpg




次の日もとってもいいお天気おひさま グランドティトンへ向かいます。

       DSCF3969_convert_20080911142912.jpg

行く途中にオリンピックで使われた?ジャンプ台が見えたりオリンピックの五輪(・ー・)ノ

      DSCF3973_convert_20080911142458.jpg


だんだん景色が変わってく。。。

 DSCF3976_convert_20080911143405.jpg   DSCF3978_convert_20080911143450.jpg 

 DSCF3979_convert_20080911143711.jpg   DSCF3993_convert_20080911144307.jpg

グランドティトンは1929年に指定された国立公園。
面積は1255㎡、ロッキー山脈の一部です。

ビジターセンターへ着いてしばらくすると、雨がざーざー降ってきました
   
  DSCF4003_convert_20080911145710.jpg  DSCF4004_convert_20081014130627.jpg


でも明日は晴れとのことでひと安心フンッ2
アメリカの55ある国立公園の中で、最も美しいといわれるグランドティトン星
ぜったい青空の下で見たいっっ


雨がやんだ頃にビジターセンターを出て、時間は早いけど今日泊まるキャビンへ。
すぐ横の湖からは、雪をかぶった山々がきれいキラキラ
グランドティトン山(13,770ft/4,197m)をはじめ、他の12の山も
12,000ft/3,660mを超えるといいます。
夏なのに雪をかぶってるはずだー。

ちなみに、公園で記録された最低気温は-52℃だそうです 雪だるま

      DSCF4007_convert_20080911150341.jpg

    
ずっと運転してきた父はお疲れなので、ベッドに入って一眠り(爆睡)。
母と伯母と私は近くを散歩。まだ夕方。外はまだまだ明るくて寝れないし。。。
 
      DSCF4044.jpg

次の日、トレッキング予定の湖まで向かう途中
ビーバーなどが見られるというポイント Oxbow Bend/オクスボーベンド
周辺を通りましたが水辺ははるか遠く。。。
肉眼では絶対むり。
大きなペリカンが双眼鏡で確認できる程度。
双眼鏡なしでは白鳥だかなんだか
 
     P8120061_convert_20080917122406.jpg
ガイドブックには「見れる確立高いです」というなことが書いてあったんだけど・・・
きっと、もう少し近くにいける道があったんだろうなぁー。
その時間、川べりには人影はなかったんですが。


でも きっと、このままがいちばん。
あまり人間が立ち入ったら自然があっという間に壊れちゃうもんね 木


そしてこの日のトレッキング・・・山と空
朝ごはんを食べずに炎天下のなか長時間歩いてしまったせいか、
車へ戻った伯母と私はちょっと調子が悪くなってしまいました 絵文字名を入力してください
私は頭が少しクラクラするくらいで、車でクーラーの風にあたりながら
移動中少し寝たら回復したけれど、伯母はごはんも食べれないくらい。
しばらくしたら元気になったので良かったけれどフンッ2

このトレッキング、砂ぼこりで白いスニーカーと靴下が茶色に、
黒いパンツのすそは真っ白になるわでビックリ。

でも♪

残雪が見られる山々、それを鏡のようにくっきり映し出す真っ青な湖、
雲ひとつない青空、山から流れてきた冷たい川の水、
野生のブルーベリーや色鮮やかなたくさんの野草。。。
景色も空気も、とぉってもキレイでした

 DSCF4013_convert_20080916130447.jpg   DSCF4024.jpg


DSCF4017.jpgDSCF4018.jpgDSCF4029.jpg
   DSCF4025.jpgDSCF4023.jpg  
   

次の日に行った展望台から見てもダムから見てもほんとに素敵な景色。
ジャクソンレイクから流れるダムの水も透き通ってる。
6月に行ったという友達が「景色はイエローストーンより断然上!」と
言い張ってただけあるかも。

 DSCF4049.jpg  DSCF4045.jpg
 ◆展望台から。ティトン山脈とジャクソンホールの谷が見渡せる。
 DSCF4051.jpg
 ◆グランドティトンが国立公園に指定される以前 に作られたダム。
        

                 

結局、リス・鹿・水鳥以外の珍しい野生動物には会えませんでした、、、ショボン
楽しみにしてたのに、残念。
やっぱり、もっともっと早く起きて見に行かなくちゃですね。



グランドティトンには2泊。
8/12、午前中には北上し、隣接するイエローストーン(南口)へ
     

   
別窓 | お出かけ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| * Pigs in Clover * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。